万年NA バイク日記

北陸のポンコツ乗り、バイクを通じて欲のままに生きてます

コウさまのG7

箱根W1ミーティングの帰り 埼玉県の川口にある 信州のw3さまの希望により コウさまの基地に寄り道
 
其処には信州基地で長いこ眠りに着いていた スズキGT750
3月の半ばに引き上げて再生作業に着手、既に公道復帰を果たしていました
 
 
このバイクの元オーナー 信州のw3さま
 
 
イメージ 1
 
やはり気になります
 
 
 
試乗
 
イメージ 2
信州のw3さま・・写真の口元 注目・・   なんとなくニヤついているような・・・
 
 
 
 
感想を伺うと  「大きい」・・・とのこと
 
帰りのクルマのなかでの会話ですが 「あれだけ車体大きいと乗りこなすのはタイヘンだし、所有し続けていても再生することも無かったので コウさんに譲ってよかった」・・・との内容
 
走るようになったG7に乗って 満足の様子でした
 
 
私も試乗させて 頂きました
 
跨ると 「デカイ」・・・つま先しか地面に着きません、CB750FOURより踵が地面から遠い
 
ハンドルも遠いけど、CB750F(DOHC)よりは近い
 
全体のポジションは「デカイ」と云うより「余裕がある」と云った印象
 
クラッチをミートすると切れ繋がりの感触が掴み易く 好印象
 
走り出すと 同じアクセルを捻るでも CB750より よけいに車体が前に進もうとしますが、これもコントロールし易い
 
止まっていたときに感じた重さは 走り出すと全く関係なしで、 むしろ軽快
 
重い車体の割にはブレーキも不安なし
 
 
・・・・コウさま 短期間でよく此処まで仕上げましたね・・・
 
 
ここでも 自宅のガレージにあるCB550FOURのコトを思い出してしまいました
 
・・・此方も早く復活させたいな・・・
 
 
 
そのCB550FOURですが・・・
 
タンクの錆取り
 
イメージ 3
 
錆取り液を抜いて
 
 
 
中を覗くと
 
イメージ 4
 
・・・・綺麗・・・
 
元々タンク内部の錆はそんなに程度の酷いものでは無かったのですが、綺麗になると嬉しいですね
 
 
 
同じく 花咲かGにつけ置いてあった車載工具は・・・
 
イメージ 5
 
液は黒くなっています・・・
 
イメージ 6
 
見れる程度まで 復活 ・・・・これなら使用に耐えるでしょう
 
乾いたら 廃油で磨いておきましょう(^^)b
 
 
 
 
それから 箱根W1ミーで購入したW3のタンクキャップゴム
 
イメージ 7
 
向かって左が車体に着いていたモノ、右が新品
 
イメージ 8
 
交換・・・・ひび割れのない新品は気持ちいい(^^)w
 
 
コーションラベルも手に入れたのですが
 
貼る場所が不明
 
ミーティングの時に他のバイクを観察したのですが 8割が「何も貼っていない」 でして
 
残りも 貼ってある場所はバラバラ(タンク、チェーンケース、フェンダー等)
 
 
仕方ないので 適当に貼っておきました
 
イメージ 9
 
タイヤ諸元はRフェンダー(ホンダ車はこの場所が多い)
 
イメージ 10
 
整備ポイントはサイドカバー上部
 
 
 
本来の正しい場所は何処なんでしょう?