万年NA バイク日記

北陸のポンコツ乗り、バイクを通じて欲のままに生きてます

GX750 ゴム部品交換

GX750 手配掛けていた純正ゴム部品がイロイロ入って来ました

イメージ 1

先ずはタンクキャップから
見た目は問題ないのですが 密閉が甘く GXを倉庫の中にいれておくと気化したガソリン臭い
イメージ 21
その原因は硬化したゴムシール

早速バラス 
イメージ 2
新しい部品は上側が狭く どうやって組もうかな・・・・・

1 土台部分の状態でゴムパッキン入れて
イメージ 3
内蓋を被せて位置を合わせ ネジドメ

イメージ 4
内蓋組んだら ラジペンで引っ張りながらサイド部分を填めて行く

イメージ 5
完成

・・・・たぶん コレがベターな組み方と思います


そして 信州でのサイドカバー落下事件の原因でもあった フック部分
イメージ 7
なんか 代用品で間に合わせてありますが 実際サイドカバーは落ちてしまったので
この前の前のオーナーがやった代用は失敗と判断

           ↓取り外した代用品       ↓SR400用ですがGXにもそのまま使える純正品
イメージ 6
この部品が使えることは ひでともさまに教えていただきました
ひでともさま ありがとうございます

               ↓ 因みに反対側 一個だけ純正
イメージ 11

エポキシボンドで組み付け
イメージ 8

こんな感じ
イメージ 9

サイドカバーもばっちり収まり もう落下させることはないでしょう
イメージ 10



残りのゴム部品は フロントフォークのオイルシール
イメージ 20
これの交換が一番メンドクサイですが ヤッちゃいましょう

私のGXには何故かXSの部品が使われているのですが
イメージ 12
XS部品は整備性悪いですね キャリパーだけじゃなく Fフェンダーも外さないと ホイルが外れない
・・・・良くも悪くもYAMAHAらしい

漏れている右フォークを引っこ抜きバラス  
そしたらオイル漏れの原因インナーチューブのバリを耐水ペーパーでシコシコ
イメージ 13

新しいオイルシール入れて打ち込み
イメージ 14
組んだら

オイル200cc投入
イメージ 15
前回200cc入れて 特にセッテングに問題なかったのでそのまんま

トップのキャップの整備性悪くて外すのが面倒なので、今回も下からオイル入れ
※この辺の整備性は良くも悪くも悪くも悪くも YAMAHA
イメージ 16
オイル入れ終わったら チェックしますが

アバタ錆の後が思いのほか深く
イメージ 17

再び耐水ペーパー シコシコ シコシコ
イメージ 18
φ36 の太さは シゴキ慣れているけど  抗がん剤やってから役立たず

フォークと ホイル組んで 自立出来るところまで組んだところで今日は時間切れ&体力、集中力切れ
イメージ 19
XS部品のブレーキキャリパーを組むのは これまた知恵の輪なので あした落ち着いてやりましょう

やっぱりこの辺の整備性の問題は
 良くも悪くも悪くも悪くも悪くも悪くも悪くも悪くも悪くも YAMAHA