万年NA バイク日記

北陸のポンコツ乗り、バイクを通じて欲のままに生きてます

2019年 一人宿 野沢温泉 サンライズ明治屋

ツーリングでの宿泊温泉旅に最適の季節って 何時でしょう?

やっぱり冷えた身体に暖かい温泉は最高

でも雪が降ってしまうと2輪は実質的に走行不可能

そうなると 春は4月 秋は10月 

特に秋は日暮れも早く 夜が長いので じっくり温泉を楽しめる

 

そんな訳で ここ数年10月の後半で温泉一人宿ツーリングも個人的な恒例行事としているのですが 2019年に行ったのが 此処↓ 野沢温泉 サンライズ明治屋

野沢温泉 民宿 サンライズ明治屋【公式サイト】 (sunrise-meijiya.com)

 

 

この日は寄り道したり 予定していたルートが通行止めだったりして

宿に着いたのが 既に日暮れ

f:id:mannenNA:20210126184544j:plain

・・・と言っても PM6時過ぎですが

玄関前にはBMWのGSシリーズが7~8台 栃木ナンバーが多いですが 他の県のナンバーほか なんと金沢ナンバーも一台

ツーリングクラブかな?

 

片隅に我がGX750も停める

f:id:mannenNA:20210126184605j:plain

GSシリーズに比べると スリム

 

 

早速 お部屋へ

f:id:mannenNA:20210126184631j:plain

シンプルで奇麗

 関東の畳なので 6畳間ですが 6畳とすれば若干狭い印象かな(一人なの部屋とすれば十分広いです)

 食事まで 時間がないので 急いで風呂

 

 

そして 夕食  

f:id:mannenNA:20210126184728j:plain

食堂では GSグループと一緒  夫婦での参加の方も

 会社の同僚なのかな? 「移動」とか の話題で盛り上がってますね

 

 

さて お楽しみの風食メニュー

 これは嬉しい 馬刺し

f:id:mannenNA:20210126184756j:plain

北陸では出してくれる店は少ないです

若い時に静岡に9年間いましたが そこではスーパーマーケットにも普通に売ってましたから その時に出会った好物の一つなのです

 

そして イワナ 香ばしく焼けてます

f:id:mannenNA:20210126184819j:plain

梅干しと合わせるんですね

 珍しい組み合わせですが 相性抜群 御飯が進む

 

長野北部ではよく栽培されている ズッキーニのチーズ乗せ焼き

f:id:mannenNA:20210126184843j:plain

これも美味

ズッキーニを焼いただけだと 少し癖があるのですが チーズで癖が消え食べやすくなり しかも 身体が温まる

 

 

そして 天ぷら

f:id:mannenNA:20210126184912j:plain

 

金糸ウリのあえ物

f:id:mannenNA:20210126184929j:plain

味の濃いモノのあとに 箸休めに丁度いい

 

そこからの 陶板焼きステーキ

f:id:mannenNA:20210126184946j:plain

白御飯が何倍あっても 足りません

 

・・・・いやいや 満足

 

 

少し休憩してから 再び風呂

 透明で柔らかいお湯  その日の疲れが取れます

f:id:mannenNA:20210126185032j:plain

奇麗にならべられた 椅子や洗面器にも注目

GS軍団の 方々のマナーの良さがわかりますね 

こんなことでも 旅は気持ちよく

 

能沢温泉のあちらこちらに男女の描かれた柱

f:id:mannenNA:20210126185116j:plain

これも 野沢温泉独特のモノを感じますね

 

 

翌朝です

f:id:mannenNA:20210126185143j:plain

内容的には 際立ったものはないですが 煮豆が美味しい 温泉卵もある

サバの身も厚い 

クオリティーは高い

これに野沢菜の具沢山みそ汁が付きます

 

 

さて 出発

f:id:mannenNA:20210126185233j:plain

宿の全景はこんな感じ

GS軍団は 栃木のBMW二輪販売店の常連さんで集まったクラブだそうで

年に数回、このように幹事は宿だけ手配して 現地集合 現地解散のツーリングを企画

それなら「幹事の手間も少ないし全国各地から集まり易い」とのこと

そのような企画なので4輪で来るのも自由

 

GSの皆さん もう少しダべリングで名残を惜しんでから出るそうで

わたしは 皆さんに見送られながら その日の旅へ

 

 

↓ 晩秋に温泉の相性は最高

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2019年 一人宿  蒲田温泉 旅館たにぐち

2019年 夏に利用させて頂いた 蒲田温泉 旅館たにぐち さん 

旅館たにぐち | 奥飛騨温泉郷観光協会 (okuhida.or.jp)

 

割と早い時間 16時頃到着 旦那さんが 出迎えてくれ

f:id:mannenNA:20210125195414j:plain

バイクはガレージへ

 

玄関入ると 可愛い大女将が部屋まで案内してくれ

f:id:mannenNA:20210125194412j:plain

お茶まで入れてくれ 軽い世間話

 この日は 私以外に団体の登山客の予約がはいっていたらしいのですが

山の方は天候がすぐれないらしく キャンセルに

 

なんと 私一人の貸し切りだそうで

 

 

では 早速 温泉へ

蒲田温泉温泉 薬師の湯  

f:id:mannenNA:20210125194438j:plain

いかにも 効きそうな温泉の名前ですが

 この様な(下側写真参照)云われがあるそうで

f:id:mannenNA:20210125194452j:plain

四十肩 五十肩 腰痛等で悩んでいるライダーにもお勧め

 

露天風呂は3つあって 中から鍵がかけられるので 他のお客さんと一緒になることはないです

f:id:mannenNA:20210125194531j:plain

 

お風呂はヒノキと石で仕上げられた 上品な造り

f:id:mannenNA:20210125194550j:plain

 

空も見えます

f:id:mannenNA:20210125194606j:plain

奥飛騨の空気を吸いながら ゆったり出来る

 

温泉成分

f:id:mannenNA:20210125195030j:plain

f:id:mannenNA:20210125195239j:plain

無色透明なんですが ナトリウムイオンでお肌にもよろしいし 炭酸で血行促進

良いお湯です

とりあえず 3つの露天風呂は全制覇

 

お楽しみの夕食は

f:id:mannenNA:20210125194630j:plain

ゴマ豆腐や蕗味噌など 山の味から始まって

 

イワナの刺身

f:id:mannenNA:20210125194645j:plain

身が締まって美味しい

 生で食べられるのは 水がきれいな 源流部で育てたイワナのみ

 

蕎麦はなめこと合わせて ツルツルの食感

f:id:mannenNA:20210125194708j:plain

 

棒葉を使った お肉の陶板焼き

f:id:mannenNA:20210125194731j:plain

白飯がなんぼでもイケる

 

そして 天ぷらに

f:id:mannenNA:20210125194751j:plain

 

イワナの塩焼き

f:id:mannenNA:20210125194808j:plain

 

マイタケのお吸い物

f:id:mannenNA:20210125194828j:plain

上品な出汁が出るんです

 

マッチが これまたレトロ

f:id:mannenNA:20210125194847j:plain

今は市町村合併で消えてしまった 上宝村 の表記のまま

 

反対側は 奥飛騨温泉ロープウェイ

f:id:mannenNA:20210125194909j:plain

なんか ほっこりするイラスト

 

 

夜は窓を開けると 蒲田川の水の音と早くも秋の虫の鳴く音

此処ちよく 眠りの中へ

 

 

朝です

ぐっすり眠って 朝風呂入って 朝ごはん

f:id:mannenNA:20210125202720j:plain

卵は もちろん 温泉卵
 いろんな味を楽しめる小鉢が多数

 

そして 飛騨と云えば 棒葉味噌

f:id:mannenNA:20210125195002j:plain

白いのは エリンギ 味噌と絡むと絶品

 

当然 こうなります

f:id:mannenNA:20210125203044j:plain

空っぽ

此処に関しては 宿が目的で十分楽しめます

 曇りだからと キャンセルした 登山客 ・・・勿体ない

 

此処は 温泉 料理 おもてなし 3拍子揃った宿 

お値段以上の 満足度

 

お勧め度 ☆☆☆☆

 

↓ 大女将元気かな  再来したい宿の一つ

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

2021年 初乗り 腰巻地蔵

 

 

『福浦漁港から南へ行ったところの断崖』

  松本清張も取材で訪れたかもしれない 実在の場所

 

 

そんなところへ行ってみましょう

f:id:mannenNA:20210123211709j:plain

安倍屋海岸

 

此処までは断崖絶壁の無い 割と平坦な海岸線

f:id:mannenNA:20210124105440j:plain

遠くに クレーンと送電線の鉄塔が見えるのが 志賀原発 

その辺までは 低い丘

 

北上していき 原発を過ぎると道は登り坂

f:id:mannenNA:20210124105530j:plain

地蔵前の看板

 

 

そした進入禁止の看板も

民間の看板なので 強制力はないですが

f:id:mannenNA:20210124105556j:plain

手前の路側帯が広いので そこに普通車でも十分駐車可能

 

歩いても 入口まで50mくらいなので 問題ありません

f:id:mannenNA:20210124105619j:plain

路地を歩くと まもなく「腰巻地蔵」の看板

f:id:mannenNA:20210124105644j:plain

日本最古の木造灯台ともありますが

福浦港は天然の良港で藩政期の頃から北前船の物流で栄え 

その関係から 灯台も設置

文化財として 現存しています

 

地蔵様の方には この様な詩が

f:id:mannenNA:20210124105704j:plain

何か 云われがある 地蔵様の様です

 

歩道の方へ入って行きます

f:id:mannenNA:20210124105724j:plain

 

林から出ると 地蔵さん

f:id:mannenNA:20210124105744j:plain

これが 腰巻地蔵なんですが

もともと藩政期に祭られたのは 後ろの石碑だそうで 其処に地蔵さんが彫られていたそうですが 年月で風化

手前の地蔵さんが新しく置かれたとい 経緯

 

その云われなんですが 下の写真参照

f:id:mannenNA:20210124105803j:plain

悲しい 恋の物語となっていますが

芸者さんの 立場とすれば 船が長居してくれた方が 実入りが多いという

商売上の理由も

 

現在の福浦灯台が地蔵さんの近くに

f:id:mannenNA:20210124105825j:plain

 

その脇を抜けると

f:id:mannenNA:20210124105843j:plain

岩盤質の 大きな磯

 

 

富山在住のブロガー いちご さまの記事

小説「ゼロの焦点」に描かれた北陸: バイクと趣味の部屋 (cocolog-nifty.com)

 

f:id:mannenNA:20210124111157p:plain

本の表紙は富来町にある ヤセの断崖  

そして 映画の撮影もヤセの断崖でロケが行われているので 私もヤセの断崖が小説の

クライマックスシーンと思っていましたが

 

 

しかし 小説には

犯人は断崖から身を投げるわけではなく、追及を逃れるために舟を借りて沖に漕ぎ出しているのみです

 

灯台から左側には 小舟を陸揚げ出来るスペースは在りますし

f:id:mannenNA:20210124105949j:plain

 歩いて降りるもとも可能

 

この磯 根雪にならないので トライアル時代 冬場の練習場所としてコッソリ使わせて頂いたことは 内緒です

 

灯台の真下は 断崖絶壁

f:id:mannenNA:20210124110037j:plain

 写真では伝わりにくいですが 落ちたらヤバいレベル

 高さは3階建てくらい 真下は岩盤ですから 

f:id:mannenNA:20210124110146j:plain

上から見た写真

 磯は天然青のりの産地

f:id:mannenNA:20210124110234j:plain

 

 北側には

f:id:mannenNA:20210124110302j:plain

 福浦港

f:id:mannenNA:20210124110326j:plain

『福浦漁港から南へ行ったところの断崖』 

 と小説にありますので 私の思い当たる 断崖絶壁はこの場所のみ

f:id:mannenNA:20210124110351j:plain

 戻ります

f:id:mannenNA:20210124110414j:plain

 福浦港を一望

 

f:id:mannenNA:20210124110431j:plain

 木造の旧福浦灯台

 

さて バイクの燃調が薄いのは確認

薄い状態で長距離走るとエンジン痛めますので バイクはトランポに乗せて

 

何時もの 能登島みずへ

f:id:mannenNA:20210124110526j:plain

 この日は ハタハタのから揚げにしてみました

f:id:mannenNA:20210124110541j:plain

 水っぽい白身の魚ですが から揚げにすると パリッとして旨味も凝縮

骨まで食えるし 身がコラーゲン質なので美容にも良さそう

食って満足したら帰ります

 

 

早速 CB550FOURのキャブ外し ジェッテング作業と思ったら

f:id:mannenNA:20210124110558j:plain

 燃調キットが無い 

買った記憶はあるのですが ボケたか?

仕方ないので 手配して この日は終わり

 

 

↓ ということで初乗りは30kmも走らないで終了

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村      PVアクセスランキング にほんブログ村            万年NAバイク日記 - にほんブログ村

2021年 初乗り 阿部屋海岸

今年は年末年始から雪で 成人の日も大雪と悪天で 家の近所もこんな状態

 

それでも乾いた路面は出て来ました

f:id:mannenNA:20210123210947j:plain

 

CB550FOURも車検取ったし

f:id:mannenNA:20210123211005j:plain

でも ダイナに改造してから なんか燃調が薄い感じ

点火系を改造したら 燃調が薄くなるなんてあるのかな?

 テストも兼ねて連れ出しましょう

 

途中まではトランポ移動 

f:id:mannenNA:20210123211021j:plain

海岸沿いは思った以上に雪はありませんね

 今日は能登方面の方が降水確率が低いので 志賀町の阿部屋海岸をチョイス

f:id:mannenNA:20210123211036j:plain

走り出すと やっぱり薄い

 アイドリングや低速は安定してますが 上のほうのトルクが薄い

でもエンジンは廻る

 

 

陸揚げされた 小型漁船とCB550FOUR

f:id:mannenNA:20210123211058j:plain

 

f:id:mannenNA:20210123211112j:plain

 

写真で見る限り 47年前のバイクとは思えない

f:id:mannenNA:20210123211128j:plain

実物はそれなりですが

 

今日の海は比較的静か 緩い東風

f:id:mannenNA:20210123211157j:plain

気温は低いですが すこしだけ春の予感

 

海岸沿いの農道行くと

f:id:mannenNA:20210123211225j:plain

 

阿部屋漁港

f:id:mannenNA:20210123211244j:plain

何狙いなんでしょう 釣り人も一人

f:id:mannenNA:20210123211305j:plain

 

船溜まりには漁船多数係留

f:id:mannenNA:20210123211338j:plain

漁の時間じゃないのかな?

 

f:id:mannenNA:20210123211353j:plain

 

タコつぼ多数

f:id:mannenNA:20210123211410j:plain

タコも美味しいですが スーパーマーケットで見たら値段高め 

f:id:mannenNA:20210123211432j:plain

 

桟橋

f:id:mannenNA:20210123211515j:plain

 

潮のかかる部分に 牡蠣

f:id:mannenNA:20210123211533j:plain

・・・・食えるのかな?

 

f:id:mannenNA:20210123211610j:plain

天気は良いのに こちらの漁船も港の中に

f:id:mannenNA:20210123211646j:plain

 

 

↓ ポチしてね

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2019年 一人宿 かまや旅館

 

鳥取県の西部 岩見市

 石川から海沿いを行くと 若狭湾丹後半島久美浜湖>但馬海岸 と リアス式海岸のオンパレード

下道で 一日走ると 岩見に丁度夕方到着

f:id:mannenNA:20210122185837j:plain

岩見の浦富海岸

 付近は風光明媚 海岸沿いのワインデングも多いので 走りも楽しめる

 

 

お世話になったのは 「かまや旅館」

f:id:mannenNA:20210122190235j:plain

 

温泉は ありませんは 料理が自慢の宿とのことで 予約

f:id:mannenNA:20210122190313j:plain

2泊します

 

部屋は清潔でシンプル

f:id:mannenNA:20210122190356j:plain

 

お楽しみの 料理も器も彩が奇麗

f:id:mannenNA:20210122190426j:plain

 

山陰といえば 松葉ガニ

f:id:mannenNA:20210122190443j:plain

 

お気に入りだったのが ブリ?のアラ煮

f:id:mannenNA:20210122190457j:plain

甘辛く炊いてアリ 御飯が進む ビールも進む

 

豆腐なんですが

f:id:mannenNA:20210122190523j:plain

これも瑞々しい味わい

 

陶板焼きは

f:id:mannenNA:20210122190537j:plain

モサエビ   数が取れないので地元でしか流通しない

 大きさ的にはクルマエビより一回り小さい 若干胴体が扁平

f:id:mannenNA:20210122190549j:plain

地元以外では 幻のエビ

 これは 食べてみたかったので ラッキー

 味は美味しいです、 香りは甘エビに似ているかな  刺身でも食ってみたいですね

 

ネットから頂いた モサエビの写真

f:id:mannenNA:20210122190642p:plain

旬は9月~翌5月

GWに行ったので 食べられたのだと 思います

 

 

似たような形と味のエビが有るんですが

福井の 「ガマエビ」 越前エビとも言う

越前えび に対する画像結果

これも 漁期は9月~翌6月と似ているし カタチ大きさとも 似ている

地元でしか 食べられない

もしかして 同じ種類のエビなのかな ?

 

そして 朝食

f:id:mannenNA:20210122192201j:plain

朝から カレイが食卓に 口が大きいので アカガレイかな

一夜干しを炙った感じで 味が凝縮 身も締まり これまた御飯が進む

 

 

2日目です この日は鳥取県内をツーリング

f:id:mannenNA:20210122193008j:plain

 

少し早めに宿に戻り ひと風呂浴びたら

f:id:mannenNA:20210122193032j:plain

日の高い時間から ビール 

  これ最高

 

そして 2日目 夕食

f:id:mannenNA:20210122192241j:plain

この日も凄い 身の厚いカレイの煮つけに揚げ物

 

そしてお刺身

f:id:mannenNA:20210122192303j:plain

 

この日は モサエビがみそ汁に

f:id:mannenNA:20210122192320j:plain

旨い

 

そして 朝食

f:id:mannenNA:20210122192342j:plain

彩が美しい

 

ここも 再来したい 宿ですね

 

↓ 食べ物重視なら おすすめ度 ☆☆☆☆

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

冬の鰀目

 

申し訳ありません 昨日書いた記事 思うところあって削除しました

 

その代わり 能登島 鰀目の冬の風景

 

f:id:mannenNA:20210122003328j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003339j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003352j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003404j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003419j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003433j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003446j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003727j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003501j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003516j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003624j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003531j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003549j:plain

 

 

f:id:mannenNA:20210122003807j:plain



 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

2021 ダカールラリー 結果

さて 気になっていた ダカールラリーの結果が入って来ました

今回、二輪部門のレギュレーションは 450cc 2気筒 以下 

 

エントリーは 昨年優勝の ホンダ に

ヤマハ KTM ハスクバーナー といった大メーカーから

ベーターモーター  ガスガス  シェルコ といった トライアルやエンジュロー

で知られた 小メーカーまで

 

 

 ここから コピペ

 

結果は 試合運び熟知した今年もホンダ

youtu.be

【ホンダ・ダカールラリー 2021】-日本編 HONDA Japan『Dakar Rally 2021』- - Bing video

 

youtu.be

youtu.be

リザルト

Provisional final standings (Top 10):

Pos.

Rider

Bike

Time/Gap

1

Argentina Kevin Benavides

Honda

47h18m14s

2

United States Ricky Brabec

Honda

4m56s

3

United Kingdom Sam Sunderland

KTM

15m57s

4

Australia Daniel Sanders

KTM

38m52s

5

United States Skyler Howes

KTM

52m33s

6

Spain Lorenzo Santolino

Sherco

58m30s

7

Chile Pablo Quintanilla

Husqvarna

1h16m39s

8

Slovakia Stefan Svitko

KTM

1h43m07s

9

Czech Republic Martin Michek

KTM

2h22m37s

10

Austria Matthias Walkner

KTM

2h32m12s

 

おお シェルコが頑張ってますね

 

 

ダカールラリー2021】ケビン・ベナビデスが初の総合優勝 二輪部門

サウジアラビアを舞台に開催されたダカールラリー2021が1月15日に終了。ワークスマシン『CRF450ラリー』に乗る、モンスター・エナジー・ホンダ・チームのケビン・ベナビデスが二輪車部門の総合優勝を獲得した。

また総合2位には昨年優勝のリッキー・ブラベックが入り、ホンダはダカールラリー2021で、1987年以来の1-2フィニッシュを飾るとともに、2年連続のダカールラリーの二輪車部門における総合優勝となった。

ベナビデスはアルゼンチン出身の32歳。2016年にホンダ・サウス・アメリカ・ラリー・チームからダカールラリーに初参戦し、総合4位を獲得。以降は、モンスター・エナジー・ホンダ・チームから参戦している。今年のダカールラリーでは、第5ステージで総合優勝を獲得し、総合成績でも首位に浮上。一旦は首位を明け渡したものの、第10ステージで再び首位に立つと、その後も安定した走りで首位を守り続け、自身初の総合優勝を飾った。

「世界一過酷なモータースポーツ競技」と言われるダカールラリーは1979年より開催。昨年から開催地をサウジアラビアに移し、今年で43回目になる。ホンダは1981年のパリ・ダカールラリー第3回大会から参戦。1986年に『NXR750』で優勝するとその後1989年まで4連覇を果たした。1990年から参戦を休止した後、2013年、当時は南米で開催されていたダカールラリーに『CRF450ラリー』で復帰。2020年に復帰後初の総合優勝を獲得している。

 

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村