万年NA バイク日記

北陸のポンコツ乗り、バイクを通じて欲のままに生きてます

糸魚川コーヒーブレイク 会場その2

糸魚川ピアパークで開催された バイクミーティング

 

会場に集まったバイク達を見ていきましょう

 

何と言っても 存在感が大きい CBX1000  たぶん1979年モデル

 

何と言っても 空冷DOHC 6気筒のエンジンのデカさよ

この頃は エンジンの性能に対し 足回りが付いていけてない

この辺は 現在の部品を置き換えるか ノーマルに拘るか 悩むところ

 

「新」ナンバーが輝く カワサキ マッハ 250SS

旧ナンバーだけは カネでは手に入らないから 貴重

 

細部に手を入れて 「走る仕様」に

締まった 仕上がり

2サイクル空冷3発はカッコイイので 今でも大人気なのは納得

 

Zは多かったけど 国内モノのZ2比率が高かった

今の旧車人気で乗り出したというより 

古くから愛用していたバイクを大切に乗ったり

乗り継いだりしているうちに 今に至ったのでしょう

 

 

これは ドラッグレース風の仕様でしょうか?

足回りは ロングスイングアームが目立ちますが
フロント周りも別物  

リアサスは モノサスに改造

 

目を引くのは

 龍をデザインした タンク ・・・・・・・急に ラーメンが食いたくなった

    そして 蛇皮シート

 

この人が乗ったら似合うでしょう

ナナハンクラブの 長野支部

 長身&鋭い目つきリーゼント それに好んで着ている蛇柄シャツ

  その姿は 悪役商会八名信夫さんに似て 迫力満点

 

一番上の帽子の俳優が八名信夫さん

ということで このZは大迫力でした

 

そんな 勝手な妄想をしていると 

 受付に 2台の マッハⅢ

2台とも ピカピカ

 

そのうちの 1台   型式はH1E 1974年

若い方が乗車

 カジュアルな服装がバイクのカラーリングと似合って 自然

1970年代って 今ほどライデングウェアーが 豊富でなかったので

当時はこんな感じで乗っていたライダーも多くて それが普通でしたから

 

そして 鮮やかなオレンジのマッハ500は

H1Bと呼ばれる型式  1971年

 ライダーは私と同年代くらいかな

  デニム(当時はジーパン)に革ジャンという シンプルなスタイル

 

バイクが鮮やかなオレンジなので ライダーは敢てシンプルな服装の方がカッコイイ

 

マッハ500のバリエーションですが 初期のタイプは H1

 そのタンク形状から「エグリマッハ」とのニックネーム

1969年ですね

 

 

その次にマイナーチェンジで登場 H1A

1970年

 

そして 足回りを中心にリニューアルしたのが 今回のH1B

1971年

そして 先ほど紹介した H1E が1974年

 

マッハⅢ最終型となる H1F

1975年

 

ライダーも含めカッコイイ

 

エンジンを見比べてみると プラグの点火方式が独特なので

この形状

 

H1Eでは 収まり良く改善

型式によって変化が大きい マッハ500は そんな処も含め見ていて楽しい

 

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

親不知コーヒーブレイク 会場その1

私のGX750を食い入るように見る人物

 

かなり マニアな方に違いない

 

 もしかしたら 会場に来ていた もう一台のGX750のオーナーかな?

と お声をかけさせていただいたところ

 GX750のオーナーでは ありませんでしたが ヤマハの旧車好きな方で

 

このRD250のオーナー

60~80年代のヤマハと云えば 2サイクル

 そのヤマハ2サイクルにクロスチャンバー取り付け 

  薄めのシートで重心を下げ 「加速スペシャル仕様」

   この様なバイクやオーナー様にお逢いできるのがイベントの面白いところ

 

そんな 間にも次々バイクがやって来ます

やってくるバイクの途切れたタイミング狙って

 

ヒスイレディと2ショット

これも イベントの楽しみ

 

 絵顔の可愛い えちご美人

今回も鼻の下ストレッジ(*^^)v

  ・・・これで今回の目的の8割は達成

 

 

会場を散策していきます

奇麗なZ750Tですね 外観はほぼノーマル  発売は1976年

 カワサキのツインエンジンという意味では W3こと650RSの後続機

3000RPMで最大トルクを発生し あとは廻してもフラットトルクという牧歌的乗り味

でも 4気筒のZ2に比べれば車体重量は軽いし 飛ばさなくても気持ちよさそう

ライダーの愛好者の傾向として「中高年男性」が最も人口が多いので

当時は不人気でしたが 今なら欲しいライダーは多いんじゃないかな

 

今回会場に 何故かW1は一台も居なかったのが 不思議

 

 

NSR50 かな

これも懐かしい 

20歳か21歳の頃 仲間と白糸の滝の近くのゴーカートコースで走ったことがあります

 速く走らせるには テクニックもそうですが ライダーの体重も大きな影響が結果に出る

 

信じられないことに 当時のマンネンNAの体重は60kgを切っていて

 スリムというより 痩せすぎ でした

  

 

 

スズキGS1000

ホイルやブレーキなどは弄ってますが

 ノーマル雰囲気は壊さず センス良く仕上がってますね

 

 

スズキ GSXカタナ

これも 足回り大幅改造  巨大なアンダーカウル

敢て ロッキーの2ポットキャリパーを使っているところが渋い

 

古いバイクのでのロードレースの大会も楽しんでおられる K林様のW1SA

コレもロッキーの2ポットキャリパー

 今ならブレンボなどの4ポットキャリパーの方が入手しやすいし性能も良い

 

でも レースのレギュレーションで「2ポット」という決まりがあるそうで

そう考えると ロッキーのキャリパーの方が コンペを意識した仕様なのかも

アンダーカウルもサーキットコースにオイルをこぼさないように取り付けが必要

 

カワサキ Z750D1

コレも状態が良い

 さりげなく 足回りも改造  ノーマルマフラーなのがイイ

 

こちらはZ2改

私が10代や20代の若者なら 憧れの仕様なのですが  50代の中高年となると

このライデングポジションは厳しい

このバイクのオーナー様が 私と同じ年代かそれ以上なら

これに耐えうる体力と気力を持っているということだから 尊敬

 

 

 

なんて 遊んでいたら

あの GX750が 早々と会場を後に

 どんなオーナー様だったのか 話は聞けず

  でも見た感じ 若いライダーの様な雰囲気

   どんな経緯でGX750に出会ったのか 気になる・・・・・・

 

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

親不知コーヒーブレイク 会場入り

予定より10分ほど早く 金沢出発

  

 朝7時頃の金沢山側環状線

夏に比べ 太陽の位置が低くなっり 

  道路沿いの温度計も17度

 

道の駅 福光に寄ってみますが 誰もいないので トイレだけ済ませ東進

富山の中央部を流れる 神通川

 

 そして常願寺川

常願寺川の源流は立山

 

  この辺んを県道伝いに行くと 正面やや右に劔岳

 

その劔岳を源流にする 早月川

 

富山と新潟県境 境川を渡ると

 

親不知海岸

 

チョイと 寄り道

 

北アルプスの海の果て「天嶮親不知」 

その北アルプスを欧州に紹介した ウォルター・ウェンストン氏の 銅像

 

 

北アルプスの端ては 断崖

ここの所 天気が良く 波が少なかったので 海も澄む

 

ちかっぺ様の見上げる先は

 

矢如砥如・・・とありますが これ左から読みます

なので 「如砥如矢(ことごとくやのごとし)」と読む

 この道が出来るまでは海岸沿いの狭くて波が打ち寄せる危険な道を通行

  それが 矢のごとく通行できるようになったという 言葉

 

 此処道を挟んで反対側には

栂海新道(つがみしんどう)入口

北アルプスを縦走する登山道の入り口

 

 

天嶮親不知からR8で10分も掛からず 道の駅 親不知ピアパーク

  今回のイベントの会場です

スタッフの誘導され 駐車場へ

 

バイクを並べる

1980年代の「アメリカン」 CX400カスタムと 

 後方の車種は不明ですがラジエーターが付いているので 最近の国産「クルーザー」

と思われるバイクの対比が出来る ショット

 

 

国産バイクで ローロングの「クルーザー」の元祖

ホンダ スティード 400/600

バイクの運動性やカタログスペックより そのスタイルと安定性と快適性を重視 

 

それまでの国産アメリカンと云えば

ロードモデルのエンジンをほぼそのまま搭載 日本の狭い道路にも対応

例えば CBX400Fのエンジン搭載 「CBX400カスタム」

 外装はほぼCX400カスタムと同じ(〃艸〃)ムフッ

  ライダーのポジションはプルバックスタイルですが 

   本気を出せば高レベルの走りを実現

    云わば「峠も攻められる日本流アメリカン=jyamerikann」

     ある意味 ゆったり乗りたいライダーには中途半端・・なので人気はwwww

 

 

あのCB750FOURもアメリカの市場を念頭に開発された車種

なので ある意味ナナハンも「アメリカン」  そういう経緯ならZ1も「アメリカン」

 

アメリカから逆輸入で入ってくるCBの中には後輪が小経化している個体も

現地仕様なのか? 個人あるいはショップでの改造なのかは不明

 

ヤマハXS650SP 1978年

たぶん 日本で云う「アメリカン」の元祖は こいつだと思うんですが

 名を残したのも こいつだけ

 

 

会場に付いたら 参加費用300円  ステッカーと缶コーヒーを頂いて

くじ引き  

 結果は 私もちかっぺ様も「ハズレ」

   。。。。引きの弱い 2人(´;ω;`)ウッ…

 

歴代の記念バッチ

今回が11回目ですから 歴史を重ね来たイベント

 

会場の方ですが 旧車率高めという 私には嬉しい集まり具合

 新潟県の地元ナンバーが多かったので 新潟も旧車好きの比率は高そう

どの様なバイクが来ていたか 次回以降で紹介するとして

 

驚いたことに GX750が 居た

 自車やテリー様や3発隊以外では 私も殆ど見たことが無い

Ⅳ型ですね  マフラーはXS750SPからの流用で ショート化

 オーナーは近くに見当たらず

 

で・・・

 私のGX750をのぞき込む 見学者

もしかして 先ほどの GX750のオーナーか?

 違ったとしても 変態率高めなマニアな方とお見受け

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

<aPVアクセスランキング にほんブログ村

糸魚川コーヒーブレイク 朝

今日は親不知ピアパークでバイクイベント

 

 

お仲間を募集したところ ちかっぺ様が手を挙げてくれました

 

バイクはCXで・・・と聞いてましたが

 朝日の中 ミラーマンのごとく登場 ホンダCX400カスタム

  ちかっぺさま

 

 

CX400 

旧車好きのわたしでさえ 殆ど見たことのない レア社

 

エンジンは 水冷 OHV 4バルブ V型80度

 

ベースはGL400

1978年

 

高回転にはどちらかというと不向きなイメージのあるOHVですが

 

プッシュロッドの長さを出来るだけ詰め しかも一気筒あたり4バルブ 

 水冷エンジンにすることで 熱的にも安定

 市販エンジンでも 11000RPMまで回せる

 

外観的にも大きくて迫力あるエンジンはGL400カスタムにも転用

発売当時は人気も高く

マッチこと 近藤正彦も愛用

 

このタイプのV型エンジン搭載車というと モトグッチ ルマンが知られるところ

1976年式 ルマンⅠですね

 エンジンに注目してもらうとクランクシャフトにし キャブからマフラーまでの

空気の流れは並行

  普通はこれが常識と思うでしょう

 

 

GLのエンジンは 並行じゃなくて キャブ側からマフラーに流れる線が外側に捻ってある

 

 

これは なんの為かというと キャブレターが車体の幅の中に納まるようにした

工夫なのですが

 

さりげなく凄い技術

凝った造りのエンジンは熱的にも安定し よく廻るので

最終的には CX650ターボに採用

 

そんな エンジンのGL400からモデルチェンジしたバイクがCX400カスタム(1983年)

凄いエンジンなんですが 発売当時から人気は出ず 

 でも 今日時点で中古車調べてたら 5件ありました (GX750の2件より多かったのは意外)

価格帯は車両価格で30~50諭吉

・・・これでも 昔はたたき売りだったのですが レア度や旧車の値段的には出遅れ感はあるので 2022年の今としては面白いバイクかも

 

 

 

そんな CX400カスタムと共に 親不知に向けて

出発です

 

 私は GX750で 

  ちかっぺさまと 不人気車ペア結成 (〃艸〃)ムフッ

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

ヒューズの足って折れるの?

今日はタンクを修理したTX650でお出かけ

 

 

新港の曳山見学

に行こうと出発したのは良いのですが

 

途中通行したトンネルでライトが付いていないことに気が付く

 

あれ? ヒューズが切れたかな?

 と停まって点検 見ると透明部分から見えるヒューズの溶断する部分は異常なし

 

とりあえずヒューズを抜いてみると 端子の片足がもげて接触してない

残った部分はその場では外せず

仕方ないので一旦帰宅

写真ではわかりにくいですが もげた部分が残ってしまったヒューズケース

要因は振動の影響なのか? 接触不良で熱持ったのか?

 

 

仕方ないので ヒューズケースを新品に交換

なんだ カンダでで2時間以上 ロス

今日の市街地は混んでいし・・・もう新湊まで行く気力は失せ

 

近所の山方向へ

 

鶴来の街で大きなブルーシートの仮設倉庫

 

隙間から覗いてみると 来週のお祭りに使う 「作り物」と呼ばれる神輿

 

そのまま奥へ

何時もの「ござっせ」さん

 

田んぼの稲刈りは既に終了

 

でも 今日は気温も高く

空の雲は夏に近い

 

カレー到着

五穀御飯に 野菜多めの甘めのルー は優しくて奇麗な味

 そして サラダは人参とキューリも入り 彩豊か

この景色で楽しみます

 

遠方の電線付近でキラキラ光る

赤とんぼ

 

そして デザートのアイスクリーム

10月に入ったばかりですが 今日の昼は30度近い気温

 アイスクリームの冷たさと舌触りは最高

 

今年の10月は値上げの10月になってしまいましたが

ここは 元から良心的価格&値上げなし

 

昨日 散髪に行ってきたのですが そこも10月1日から値上げだったので

ギリギリセーフ

 

なんか 次々値上がりしそうなので

私も 

バイクの予備バッテリー×2 

バイクオイル20リッターペール缶×1

バイクのリアタイヤ 4:00-18 ×1   チューブ×1

              を 既に購入してストック

 

 

そう考えると ござっせ さんはありがたい

 

帰ります

いつの間にか 柿も色付く

 

チョイと寄り道

 

近くの道の駅で

お土産に栗ようかん 

秋は 甘いものが食いたくなる

 

そして 柿

さっきの写真の木から盗んだのではありません

 ウチの庭の甘柿

  渋柿の木に甘柿の枝を継ぎ木したのですが 昨年までは枝は大きくなったものの

実は付けず

 「失敗だったかな・・」

と思っていたのですが 今年いきなりの大豊作

 ・・・ということで 写真ではパソコン上の柿も 今現在マンネンNAの腹の中

 

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

台風14号ツーリング 最終

9月19日

 

台風14号は既に九州に上陸からの山陰の日本海

 

その影響で 上空の雲が吹き飛ばされ 槍を眺めることが出来ました

北陸の場合 台風が直撃するより 日本海海上を通過した方が

風を遮るものがなくて 被害が大きいという過去事例も

 

此処からは 真っすぐ帰りましょう

神岡の道の駅で休憩

 

直売所に行ってみると

まだ野菜は入荷していないのか? 少な目

 

手造りの置物

色鮮やか 

 冬は雪に閉ざされ 白黒の世界になる飛騨地方

  鮮やかな色彩は憧れなんでしょうね

 

 

R41

まだ 風の影響は少ない

 

交互通行の待ち時間

 真っすぐ伸びる 水力発電所の圧力管を眺める 

  日本の土木技術って凄いな

R41から

 大沢野で県道へ

 

この日も暑かったので 湧き水で顔洗う

 

丁度 神通川第3ダムの横

昭和30年竣工の古いダムなので設備もレトロ

 

その下流には 釣り人多数

そのまま 県道伝いに八尾>山田

棚田の丘を登る

洗車された コンバイン

 

坂道の途中の自販機前

 

ここは景色が開け

 やっぱり台風の影響で雲が飛ばされ

 

立山

 

薬師

  ・・・この日は 3座も100名山が見られました

 

平野に出ても 風は無く

 

昼前には自宅到着

荷物下ろして 軽く洗車

 復活させた頃は調子が出ず イロイロ悩んだGX750万年号ですが

  今ではロングツーリングでも 不安なく 抜群の安定感

   頼れる相棒になって来ました

 

台風14号ですが 雨と風が出はじめたのが 夜の9時頃から

 しかも北陸にかんしては被害もなく通過

 

今年の9月は 暑くて雨が少なく その気になれば 毎週バイクに乗れた石川県

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

TX650 タンク修理完了

写真はTX650最終型

 

イメージ 5

TX650万年号はノーマルの状態で手に入れたので 最初はこんな感じの外観でした

縁あって手に入れた車体でしたが 

なんか ダサい

その要因はボテっとしたタンク 中途半端な段付きシートあると感じてました

 

 

なので Yオクで見つけた XS650SPの外装に交換

これはこれで いい感じでしたが

 

 

私のココロの奥にあったのは 以前修理で預かった XS650E

軽快な走りにスリムで美しいタンク

 XS650に比べちゃうと どうしてもTX650は田舎臭い

・・・・TX650ファン並びにTX650オーナーの方々ごめんなさい 

      でも偽らざる 本当の気持ち

 

そんなおり

 

七尾で開催されたフリマで出会ってしまった XS650Eのタンク

塗装剥がしたら XS650Eの純正色であるオレンジ色が出て来たので間違いない

 

 

缶スプレー 素人塗装

こんな感じ

やっぱり 素人塗装なので ラインに乱れ

 

バイクに乗せると

以前 プロに縫ってもらったサイドカバーと艶が微妙に違うし

 黒色と言ってもタンクのほうがすこし明るい黒

 

でも 最近は塗装が落ち着いて来たのか 違いは目立たなくなって来ました

今年 5月撮影

・・・それでも 光の反射加減は違いますね

 

なんかこの頃から ガソリンの減りが早い

  そして ガレージがガソリン臭い

 

キャブのTがた分岐が壊れた時に ガソリンタンク点検

そしたら タンク下側の合わせ目のところから 滲むようなガソリン漏れ

 

コレを機会にガソリン漏れ修理と再塗装を プロの板金塗装屋さんに依頼

 

8月の半ば頃依頼して 今日仕上がって来ました

おおっ 奇麗

 

作業内容は 

①古い塗装の剥離 ②ガソリン漏れ箇所の板金 ③黒・白塗分けのツートンカラー塗装

 

 

早速 取り付け

自然な仕上がり XS-1の子持ちライン

 艶の具合も色見もサイドカバーと同じ質感

奇麗な塗はプロの仕事

 

タンクバックは付けさせません

にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村