万年NA バイク日記

北陸のポンコツ乗り、バイクを通じて欲のままに生きてます

恐怖の安房峠越え

これもアーカイブ記事 バイクは楽しいけど 怖いことも・・・
 
 
 
私も思い出の峠越えはあります
 
中でも怖い思いをしたのは 1、岐阜(平湯)~長野(松本) の安房峠  
                  2 滋賀(木之本)~岐阜(揖斐川) の八草峠
 
 何れも 今は新しいトンネルが出来て整備されてますが 何れも整備させる前の出来事、何れも深夜に通行
 今日は 1 の安房峠編を記事にします
 
 
 
1985年、それは 私はまだ20歳の時 就職して最初のGW 
金沢の家に帰省することに  
お金もないので 交通手段は自分のバイク以外に選択肢はありません
 
              イメージ 2
              その頃乗っていた CB350FOUR
 
コースは距離的に最短の安房峠越えをチョイス 当然オール下道
幸い 峠の冬季通行止めはこの年 GWには解除 
昼間は混むし 金沢では友人にも会いたい、 なるべく滞在時間を長くしたい目論見から
4月30日 仕事終わって 寮のフロ入り 20時 静岡の裾野を一人で出発
 
 
 
御殿場から国道138号 山中湖を経て 河口湖 前後には車が走っている
イメージ 4
山の冷気を感じながら 御坂トンネル(当時は有料)を通り 甲府から国道20号
 
茅野>小渕沢と進む  時刻は23時
20号沿いは 何故か民家の軒先に時計が設置されている家が多い
・・・いつもなら寝る時間だな・・・なんてぼんやり思うが GW前半 夜間、 標高も上がって来て寒い
 
眠くはないが 暖かい布団が恋しい
 
イメージ 1
 
そんな国道20号 唯一深夜も営業しているGSでガス補給 
ここで一息 やっぱり 灯りはありがたい
 
・・・・この頃は 深夜営業のGSは少なかったし 24時間営業のコンビニなんてなかった 唯一24時間明かりがついているのは まだその頃は少なかったけど 道の駅のトイレ
 
 
再び 国道20号  この頃は諏訪や松本の市街地抜け道も知らなかったので道なりに進む
イメージ 5
でも 深夜なので 道路空いている
街の灯りも着いているので 比較的安心
 
 
ところが松本から国道158号に入ると 徐々に街明かりは少なく 島々の駅を過ぎると 周りは真っ暗 
腕時計を見ると時刻は 深夜1時頃
 
前にも後ろにも車は居ない
 
 
峠の山道に差し掛かる、 薄暗いCB350FOURのシールドビームの照らす範囲以外は漆黒の闇
トンネルに入ると その照明がやけに明るく感じる
 
標高が上がってくるに連れ 暗いだけじゃなく 寒い
 
寒さと暗さでバランス感覚まで 普段と違う 道路は露で濡れ 僅かなヘッドランプ光を吸い込み 照らさせる範囲も暗い 
見えにくいから 平衡感覚がおかしくなり ヨタヨタと闇の中を這うように バイクを走らせる
 
イメージ 8
 
不思議なモノで 暗いながら 谷筋にある残雪だけは 白く光る
いくつかのトンネルを抜け ますます寒さは増す  
 
平湯と上高地の分岐点手前のトンネル  温泉の湧出の影響か 一本だけ 内部が温かい
この頃はまだここの場所に有った中の湯温泉だ(トンネル工事の水蒸気爆発事故により建物全損)
 
ここからは全く人の気配はなくなり 峠道は更に狭く 厳しく
こんなところで万が一バイク壊れたら・・・
なんて思うと 心細い
 
見えるのは 暗いランプの範囲だけ 周りの闇は得体がしれない
いくつもの ヘアピンカーブを曲がり
イメージ 6
 
 
安房峠の 茶屋
イメージ 7
当然人気はない
 
バイクを停めるのも怖いので そのまま通り過ぎ、岐阜側に入る 
 
まだまだ 狭いクネクネ道
道路の下は 深い谷が 漆黒の中
慎重にブレーキ操作しながら 下る  
 
 
 
見えるのは ライトに照らさせた狭い範囲の路面と 近くの木立
それだけの筈でした
 
 
 
 
 
 
安房峠 岐阜側中腹  安房平にさしかかろうと した 瞬間  遠くの方に白いモノが
 
 
・・・・・残雪か?
 
 
それは 高さは人の背丈ほど 型は縦長 道路の脇に立っている
 
 
これは残雪ではない    ・・・ もしや「ヤバイもの」では と恐怖で背筋が凍る
 
近づくほどに 白い影はくっきり、  狭い道は いまさら引き返せない
 
 
 
 
 
 
 
見えた来たのは
    白い身体 顔は一つ目 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・幽霊の・・・・・









                     看板
 
                            
 
イメージ 9
寝たら死ぬぞ
居眠り運転注意
 
 
 
イラストはネットから拝借
こんなに可愛いお化けじゃなくて もっとリアルな一つ目小僧
 
 
 
私はヘルメットの中で
          「こんな怖い道で寝る奴なんて 居ねえ」
 
 
と叫んだのでした
イメージ 3
 
                                                          以上
 
PS
 文中の「2」 八草峠の怪 に関しては
にて記事にしました
 お暇でしたら 合わせて読んでみてください
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポチお願いします
 
にほんブログ村 バイクブログ 北陸バイクライフへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村