万年NA バイク日記

北陸のポンコツ乗り、バイクを通じて欲のままに生きてます

バイクメンテナンス

GX750 Rタイヤ交換

前半&後半のGWツーリングで 1800㎞ 位走った GX750 ロングツーリングになると チューブレスタイヤの安心感でGX750をチョイスすること が多い リアだけでもいいからメッキリムでスポーク仕様のチューブレスキットをだしてくれな いかな ・・・アルミのリム…

耐油チューブ キンク防止

以前 某用品メーカーブランドの燃料ホースで 交換して 短期間でパンクによる燃料漏れ それも 連続して3回くらい つづいたことが在りました バイク用品屋で吊るしで売っているタイプ タマタマ ハズレロットだったのか? 製品自体に欠陥があるのか どうもゴム…

富山モーターサイクルショー RKチェーン

富山モーターサイクルショー 続きです ホンダやカワサキのブースは 人気 ・・・人込み苦手なマンネンNA しかも 国産新車は何時でも見られるので 一番 人気が無かった ブースに行く ・・・・・そんなブースあるのか?と思うでしょう それが あるのです(*^^)v …

最近のイロイロ&ツインブリッジのと

先ず TX650ですが 1年チョイ前 シートの表皮を貼り換え ⤵ その時の記事 mannenna.hatenablog.com 張り替えたあとは こんな感じで シワも無かったのですが 先週末に能登へ行った時の 写真見たら シートにシワが寄っているじゃ~ありませんか ということで 修…

XT250Tインシュレーター交換

キャブを整備したXT250T インナーパーツは SRX250 前期型用を流用できることは記事にしました 流用した SRX250前期型用 キースター燃調キット 外したインシュレーターはゴムと金属部が剥がれ 2次エアーを吸っている状態 コレを接着剤で引っ付けてとりあえず…

恒例 一斉オイル交換

毎年恒例 早春のオートバイ 一斉オイル交換 オイルはいつもの ヤマルーブ鉱物油 先ずはTX650 コイツはそれなりに乗りましたので 24785km-21633km = 3132㎞ お次は GX750 夏の初め頃にもオイル交換していますが 数字は昨年の冬からの距離 47905km-43779km=412…

CB550FOURマンネン号の変遷

ホンダの4気筒シリーズの元祖 CB750FOUR 北米市場でハーレやトライアンフに対抗するために 開発された車種 当時の国産車での最大排気量は カワサキW1S 624cc エンジンはOHV 2気筒という当時としてはベーシックなタイプ そのW1Sも振動が嫌われて 北米では人気…

中古車納車整備+α

中古バイクの納車整備って どの程度やってくれているの? と 疑問に思ったことないですか? 某全国2輪バイクチェーン店 の例を挙げて見ると 以下コピー 納車整備の概要 法定基準に従い、62項目におよぶ点検整備を行います。1台の車両を1人の整備士が責任を持…

やっと年末の雰囲気

乗れるかどうか わからないけど とりあえずトランポにはCB550FOUR キャブ整備後のテスト走行もやりたい 昨日は家で休んだので 今日は動ける・・・ しかしながら 天気は予報どうりの荒れた天気 金沢初雪です 山側環状線は白く 初雪が降ると 年末が近いことを…

千葉帰りの12月11日 (ゴンゴーキャブ仕上げ)

本日 12月11日は めでたく万年NA 59歳誕生日 昨日迄の千葉遠征が自分への誕生日プレゼントとなりました 千葉は遠いけど 行って良かった ヤマメも大根の煮物も 鍋も美味かった ボリューム満点で鍋は半分も食えなかつた ナナハンマンネン号とカナミさま ミーテ…

CB550 キャブで悩む その1

どうも 調子が完璧でないCB550FOUR イロイロキャブのセッテングを変えてみたけど 悩み中 1 今までは標準より濃いめで半開~全開は何となく良いのですが開け初めがもたつく 2 プラグの焼けは・・黒いような 3 燃費は悪い 15~17L/KM 4 ガソリンがキャ…

CB750FOUR 車高修正

異音が大きくなったナナハンのエンジンを程度の良いエンジンに載せ変えた 一連の作業で 消耗してきた前後タイヤの交換も実施 タイヤの銘柄は イノウエのGS-19 をチョイス 元々はカワサキW650など用の標準タイヤとして開発された経緯の銘柄 ircmoto.jp なので…

GX750 プラグホール修理

かなり以前 ツーリング先でプラグを交換してもらったことがあるのですが 若いメカが2番の取り付けに手間取る どうもプラグを斜めにねじ込んでしまったようで その後ベテランメカが時間はかかりましたが 無事プラグ装着 しかしネジ山を潰してしまった様で そ…

珠洲芸術祭 即興物語

表題の前に 昨日オイルタンクのホースジョイントからのオイル漏れを修理したナナハンですが 昨日あれからエンジンを作動させ 一日放置して 床にオイルの垂れた跡なし ・・・・オイルドレン追加の処置で治った模様 ここから 表題記事 今度は 道の駅 すずなり …

ナナハン弄り オイルタンク下部オイル漏れ

エンジン交換が完了して 10日ほど経つ ナナハンですが 後ろの床に オイルが垂れた跡 最初はリアサスの抜けを疑いましたが よく見ると スイングアームの上面側にもオイルで濡れた跡 奥側のオイルタンクホースとオイルタンクのつなぎ目ボルト部分からオイルが…

ナナハン弄り ちょっと走る

昨日からの雨も今日は上がり 爽やかな秋晴れ 帰宅してガレージからナナハンを出す 新品タイヤをリムに馴染ませるため 高めに入れてあった空気圧を 通常の値にセットして 走り出す 数分走り 温ままると 滑らかに しかも力強く廻るエンジン 調子に乗ると まだ…

ナナハン弄り 完成

先週週末から エンジンの載せ替え作業を開始して 昨日 エンジンの始動&点火時期調整・負圧同調まで終わった CB750FOUR万年号 今日は外装を乗せてしまいます いきなり 完成 ・・・というか 最近途中経過の写真を撮るのが メンドクサイ (普段のお仕事の現場写…

ナナハン弄り エンジン火入れ

さてと・・・・ 後は作業の見落としはないかな 先ずは エンジンオイル投入 プラグホールからCRC吹いて プラグを付ける前に 十分にカラキックして エンジン内にオイルを廻す ガソリン点滴ビン 様に二股ソケットを近所のバイク用品屋に買いに行く ガソリンの接…

ナナハン弄り 部品取り付け

題材の前にお知らせ 当初 明日予定していた 伏木ポートサイドミーティング 来週の29日に延期となった様です 今度は好天になることを祈ります、 時間の取れる方は参加して 地元バイク界隈を盛り上げましょう 表題のナナハン弄り 朝はこんな感じでした クラッ…

K7 捨てられた訳

ナナハン弄りのつづき Yオクで税込み12諭吉で落とした K7エンジン CB750FOURシリーズもK0~K7 (一説によるとK8)までのタイプがあります 数字が上がるほど 年式は新しく 勿論後期になれば成るほどメカ的にも材質的にも改良がくわえられ熟成され信頼性が高い…

ナナハン弄り チェーンケース加工

昨日のつづき K7エンジンに積みかえた為 チェーンラインが9mm外に変更した CB750FOUR万年号 チェーンけを装着しない場合 チェーンは何処にも干渉しない チェーン取り付けタブを少し外側に曲げれば チェーンカバーも干渉しないところまでは チェック しか…

ナナハン弄り チェーン取り付け

ナナハンのチェーンですが K4エンジンからK7エンジンに交換してチェーンラインを変更すると 「シールチェーンの場合 クランクケースカバーにチェーンが干渉する場合がある場合も・・・」という情報も得ていました それに 前後スプロケットも交換しますから …

ナナハン弄り ♪ボンビーロン 

この歌 流行りましたネ ノリが良いので好きな曲 www.youtube.com その 歌詞なのですが サビの♪ ボンビーボン ボンビーロン の意味は 「ビンボーの凡人 ビンボ―独り者」 と まるで自分自身だと自虐的に感じてました 本当は 「間もなく とか すぐ」という意味…

ナナハン弄り チェーンライン&リアサスブッシュ

朝起きると 雨 降ってなければ 鶴来の祭りに行く予定でしたので 今日もバイク弄りに励みます 昨日の記事にK7エンジンはチェーンラインがそれまでのモデルより9mm外へ 変更されていると記載しました この辺をすり合わせていきます リアのスプロケ まだ 歯…

ナナハン弄り エンジン乗せ

ナナハン弄り 午後の部 その前に K4エンジンとK7エンジンの検証 取り外した K4エンジン フレームに載せる前のK7エンジン K7に関しては それまでのK0^K6に対しチェーンが太くなったり リアホイルがワイド化されたりの影響で チェーンラインが外側にズレている…

ナナハン弄り ブランチ前

さて 昨日はK4エンジンを車体から下ろしました 次はYオクで落とした K7エンジンを積む作業 ブログ等で 他の方がやっておられる エンジン乗せ作業の手順は大きく2通り ひとつは エンジンを床に横に転がして置いて 部品を殆ど取り外したフレームを被せて エン…

晴れているけど のんびり

今週末は 遠くへ出かけないと決めていました 午前中はフロントフォークオイル交換などをして過ごす 昨日作業した CB750FOURに比べると排出したオイルは奇麗 規定量+α 入れて ブレーキ強化してから サスが少し硬いくらいで丁度良い感じなので トップボルトは…

白山山間部で思わぬ出会い その2

ござっせさんで 優雅なコーヒータイムを チーチーさまと過ごす この後は 尾小屋方面にでも 行ってみましょう ということで 午後の部スタート 最短で抜けれる山間部の道を行くも 途中で通行止めの看板 仕方ないので Uターン 相滝側から戻る途中 山の中にポツ…